コロナウイルス等感染症予防のための対策実施中

【蔵書紹介】DotComSeacrets……ラッセルブランソン著

  • 2020-07-28
  • 2020-08-14
  • books
  • 79view

今回は1日遅れで蔵書紹介を行います。
タカラバコには様々な本があります。ガチな実用書系も何冊かあります。

今回紹介する『DotComSeacrets』もそのうちの1冊です。
インターネットで物やサービスを販売していく際に、取るべき戦略がこの1冊にまとまっています。それも、これまでは階段を上がっていくようなイメージでやった方が良いと教えられていたものが、漏斗(じょうご)のような滑らかな逆円錐状のステップの広いところから狭いところへ通していく感覚を持ったほうが良いと解説しています。

階段はわかりやすい半面、昇る際にかなりのエネルギーを消費してしまう前提を持ってしまいます。漏斗なら、するりと抜けていく感覚を持つため、ステージが上がったとしても(図的には下がるんですけれど)、エネルギー消費が少ない。

売る側も買う側もメンタル的なエネルギーを多く使わず、次のステージに行けるのはかなりいい。
アップセルやダウンセルを行う際にも、人によっては抵抗感があるかもしれません。それは、階段を上がる・下がる(どちらにせよ前に進む)ようにエネルギーを使うからではないでしょうか。

喜んでお金を自分に投じる場合、どうしても前提が大事になります。前提というか、その人の気持ちがホットな状態か、コールドな状態か。前提の作り方も細かく書かれており、メッセージを受け取った人がどのような気持ちになるのかも、解説されています。

訂正の利かないリアルの時間軸でやるには、かなりのスキルが要求されます。しかし、手直しができるネット上ならば、何度もテストをしながらできるというメリットもあります。

もちろん、マスターするにはかなり時間がかかると思いますが、、、。

それでも、本書を読み、テストをし、繰り返し行っていけば、必ず成功へと導くでしょう。

通販をはじめ、インターネットを通じて何かしらのビジネスを行いたいなら、かなり有効なノウハウが詰まっています。なお、リアルの関係づくりだったとしても、有効な手だと個人的には思います。