コロナウイルス等感染症予防のための対策実施中

【蔵書紹介】ゲーマーはもっと経営者を目指すべき……川上量生/4Gamer編集部

  • 2020-09-14
  • books
  • 120view

みんなのタカラバコには、様々なジャンルの本が置かれています。真面目なものから、非真面目系までたくさんあります。広い意味ではビジネス書ではあるものの、オタクの香りがしつつ、それでも経営者が読むとかなり納得することも書かれている本です。

今から10年以上前に「4Gamer.net」連載されていた対談コラムで、今でも見ることができます。なお、本に収録されていない回もあり、それはウェブでお楽しみに。逆に、本にのみ収録されている内容もあり、それも楽しみながら読めるのは良いところ。

今からかなり前に書かれた本であるため、時代を感じることもあります。今の30代中盤~40代の方が、とても懐かしく感じるような内容もありますし、今読むと「あー、あったあった。」と回顧できます。

しかし、本質的なことも多数書かれており、実践者からすると共感が得られることばかりです。これから夢を目指す方にとっても、かなり有益な情報が得られるかもしれません。一般的な書籍より、実体験をもとにしているため、かなり生々しかったり、ドワンゴのイベントの制作秘話や仕事っぷりなど、今では中々書けないようなことが、ぶっちゃけられており(時効に近いのかも?)、心の底から爆笑できます。

ボリュームもかなりあり、じっくり読もうとすると1日がかりになると思いますが、アニメ、ゲームをはじめサブカル関連が大好きな方は、必読の本かもしれません。逆を言うと、そういったことに疎い方は読んだとしてもわからないことだらけになるかも。

連載記事ということもあり、別に最初から読む必要はなく、自分の興味ある内容、もしくは、気になる対談ゲストの方の話を聞くという読み方もとっつきやすいです。

個人的に、ゲーマーが経営者になることを考えると、新しいイノベーションを起こすこともあれば、サボりがちになり、本業に支障をきたすことも考えられます。しかし、やり込む力やエネルギーを注ぎ込む力が会社経営など正しいことに使われれば、かなりのプラスになること間違いなし!

「ゲーマーはもっと経営者を目指すべき」裏帯